×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職と資格

就職と資格について

メニュー| 就職・転職を有利にすすめる | 就職や転職の活動 | 能力・スキル・経験・実績 |

能力・スキル・経験・実績

能力・スキル・経験・実績

資格さえ持っていれば仕事なんて選り取り見どり・・・といわけにはいきませんよね、やっぱり。難関資格といわれる弁護士や公認会計士にしたってそうです。でも逆を言えば資格を持っていない人でも就職転職で十分希望が持てるということですよね。資格は・・・あったほうがいいことは確かですが、それが全部じゃないです。

資格には国家資格から一企業が認めるものまでいろいろありますけど。

確かに資格には利点があります。でもそれは就職するまでの話であることが多いようです。就職してからは結局のところ実力が問われるというわけですね。

転職で採用されるという場合は、中途採用ということになりますから、ある程度の職務経験を要求されるでしょう。その点、新卒採用の場合は可能性を見てもらえるので気楽といえそうです。

採用する会社の方は、あなたの職歴を見て、スキルや実績を分析することでしょうね。そして職場の雰囲気に溶け込めるかどうかは人柄を見ようとするでしょう。チームに向いているかどうか。

自己分析をして自分の興味や自分の能力・スキル・経験・実績をすべて書き出しておきます。それから業界や業種、職種や企業について情報収集します。そうすると自ずと自分にあった職場、「自分のいるべき場所」がみえてきます。そこで初めて履歴書や職務経歴書を書き始めます。すでに自己分析は終わっているので履歴書や職務経歴書のネタには困りません。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度転職先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

会社は数多くの履歴書や職務経歴書を見なければなりません。だから会社ごとに特定のチェックポイントがあるのでしょう。それを基にしつつ、会社はあなたに関する情報を分析します。書類審査の段階ですから、分析、というか軽く見るだけで捨てられちゃうものもあるかもしれませんけど。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

就職・転職は結局のところどう考えればいいのでしょうか。

現代社会において転職に関する知識を持つことは必須でしょう。なぜなら昔のように会社はサラリーマンを大事にしてはくれないからです。一つの会社にだけ頼らなければならないとなると、会社側はどこまでもあなたの足許を見てくるでしょう。そこまで会社のために働いても、会社は会社の都合であなたを捨てます。リストラです。だから自ら進んで転職知識を獲得し、選択肢を増やしておくことは必要なんです。

[PR]自動車保険 自賠責FX

医療問題/会の目的としてはロンドン出張3日目/人生相談。/目から頭に/ルアーでバス/安野モヨコ《働きマン@》/わからないよね/風の噂で。。。/原美術館<ヘンリー・ダーガー展 /HENR/暑いんだね。/悲しすぎるぜ・・・・(謎/「好きなモノ・・・椅子」/送別会@青葉家/「Love Man」/ホッと一息。