×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職と資格

就職と資格について

メニュー| 就職・転職を有利にすすめる | 就職や転職の活動 | 能力・スキル・経験・実績 |

就職や転職の活動

就職や転職の活動

就職や転職の活動はちょっと前よりはやりやすくなっているようです。景気が上向いてきたお陰でしょうか。就職・転職に資格必須というわけでもありませんので安心です。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職や転職は100%希望が叶うというわけではありませんからね。

まあ仕事に使える資格といっても色々ありすぎて迷ってしまうのですけど。

アメリカではMBAを持っているだけで給料が他より高くなったりするそうですが、日本ではどうなのでしょう?学歴もあまり効果がなくなりましたし、資格もそうかもしれません。何を持つかより何ができるかなのでしょうね。

転職する場合は企業とのマッチングが大事になってきます。相手企業が求めている人材の基準と自分が適合しているかどうかということですね。

採用する会社の方は、あなたの職歴を見て、スキルや実績を分析することでしょうね。そして職場の雰囲気に溶け込めるかどうかは人柄を見ようとするでしょう。チームに向いているかどうか。

履歴書や職務経歴書を提出して書類審査をしてもらっている時というよりも、むしろ、応募を検討している段階で、企業側が何を求めているのか、どんな人材を採しているのかということをきちんと理解できるかどうかがその後の転職活動の大きなキーになります。勝負は、履歴書を書き始める前についていることも多いのでここはかならずチェックしましょう。

新聞や雑誌に求人広告が載ると思いますが、それ以前に自分が転職をねらっている会社の情報はいろいろ集めておくべきですね。一社に限らず。この段階では自分が会社から選んでもらうというより、自分が会社を選ぶ感じでいろいろ調べて候補を決めていくといいですね。

企業もあなたの情報を分析してきます。企業側は多くの履歴書や職務経歴書を見ていますから、書類を見ただけでこの人が、自分たちが採用したい人材なのかはすぐにわかります。それは、自分たちが求める人材を判断するチェックポイントを理解しているからです。

企業は履歴者や職務経歴書を見つつ書類選考するわけですが、この書類選考が最大の難関かもしれません。だって、この段階でいっぱい落とすでしょうから。転職活動では履歴書や職務経歴書は大事になってきますね。志望動機もしっかり練られたものでなくてはなりませんね。

就職・転職活動って、やっぱり大変そうですね。

就職・転職活動ではまず自己分析。そして職種の研究。さらに業界や企業の情報収集。そこから自分の志望動悸をはっきりさせていきます。そうすると履歴書や職務経歴書、自己PR文書も書きやすくなりますね。採用の際の面接にも自信を持って臨むことができます。そしてそこまでやって不採用なら悔いはないはずです。

[PR]データ 入力 バイトクレジットカード 申込み