×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

就職と資格

就職と資格について

メニュー| 就職・転職を有利にすすめる | 就職や転職の活動 | 能力・スキル・経験・実績 |

就職・転職を有利にすすめる

就職・転職を有利にすすめる

就職・転職を有利にすすめるためには資格があったほうがいいに決まっていますけど、でも資格がなければないでも就職・転職はなんとかなりそうですね。

当然のことながら、資格があるに越したことはありません。ただ、弁護士や公認会計士、税理士や医師などを別にすれば、資格が絶対的な効力を持っているわけじゃありません。資格さえあれ就職転職は100%希望が叶うというわけではありませんからね。

資格といってもいろいろありますしね〜。場合によるんでしょうね。

資格さえ持っていれば・・・就職で少し有利になるでしょう。でも、入社後の昇給ではどうでしょうか?昇格では資格は?やっぱりそこへくると実際の成績がものを言うのでしょうね。

転職で採用されるという場合は、中途採用ということになりますから、ある程度の職務経験を要求されるでしょう。その点、新卒採用の場合は可能性を見てもらえるので気楽といえそうです。

求人をしている会社は採用基準を決めてきている場合がほとんどです。こんな能力が欲しい。こんな経験が欲しい。こんなスキルが欲しい。こんな人柄が欲しい。という具合に。まあ優先順位があるでしょうけど。

いきなり履歴書を書こうとしても何だか白々しいものしかかけません。自己分析と業界や職種・企業に関する分析、これをして初めて自分がどこで働くべきかわかってきますしそうすると明確な志望動機も書けるようになります。これはもう本心からの志望動機ですから威力があるわけですね。履歴書に書いても、面接でも。

順番としては自己分析や業界・企業に関する情報収集をしてある程度転職先についてのイメージができてきたところで求人広告などの募集要項を目にする。「これだ!」ということで履歴書を書き始める、ということになるでしょうか。

企業のほうはというと履歴書や職務経歴書を見てあなたの情報を分析するわけですね。おそらく審査基準ができているでしょうからそれにあわせてチェックしていくのでしょう。企業によって履歴書や職務経歴書の何を重視するかは違ってくるのでしょうけどね。

企業が重視するであろうポイントを履歴書や職務経歴書がクリアしていれば書類選考は通ります。転職となると履歴書や職務経歴書というものが非常に大きなウェイトをしめます。転職活動では書類選考が最大の難関でしょうが逆の見方をすれば、書類選考を突破することで転職活動はまずまず成功したといえることでしょう。

それでは就職・転職活動についてまとめてみます。

現代社会において転職に関する知識を持つことは必須でしょう。なぜなら昔のように会社はサラリーマンを大事にしてはくれないからです。一つの会社にだけ頼らなければならないとなると、会社側はどこまでもあなたの足許を見てくるでしょう。そこまで会社のために働いても、会社は会社の都合であなたを捨てます。リストラです。だから自ら進んで転職知識を獲得し、選択肢を増やしておくことは必要なんです。

[PR]看護師 求人ゴールドカード 比較